HOME | MEDIUMSHIP

亡き息子との交信記録

  霊能者・小林先生と亡き息子との交信内容を公開します。
交信のご感想やご意見、また交信して欲しいなどのメールをお気軽にお寄せ下さい。
 

 
                     
  先日、小林先生のカウンセリングに行ってきました。
以下、先生が息子と交信して頂いた内容です。
  『今はこちらでバス・トロンボーンを吹いているよ。こちらに来た魂(子供の魂)に聴かせている。
そして、思ったんだ。自分をを表現したいとか、注目してほしいとか、競うとか、
音楽はそんな気持ちの中にあるものでは無いということに。
人の心や魂を癒すためにあるものなんだって事が、ここにいるとよくわかる。
だって、こっちに来た多くの人たちが(魂達)が音楽を聴いてくれて泣いているんだよ。
涙を流すほど魂が明るく輝いていくんだ。
これは魂の浄化だって教えてくれた。(そこで息子さんのお婆様が出てきました。お婆様が教えてくれたようです。今はあちらの世界でいつも一緒で、生前のお母様との深いかかわり同様に、お婆様が深く関わってくれています)
なので、トロンボーンをみんなの為に吹いていると自分自身も浄化されてどんどん軽くなっていくんだ。
だから、もう少し、ここで吹いていこうと思う。そして、次にすることをまた探すよ。
曲を作るかもしれないし、また違うことかもしれないし。
音楽にはいろんな形がある。生きてた時に出来なかったことをしてみようと思う。
そんな感じでやっているからね。

(お母さんとお父さんについて)
自分が間に入ったり出来なくなってしまったね。
見ていて、「こうなのに・・・」って思うけど、今はそれを伝えることが出来なくなって
しまってごめんね。
二人で楽しめる事、気分転換出来る事をしてほしい。

たくさんの思い出を思い出しているよ。
いつも理解してくれようとして、一生懸命育ててくれて感謝しています。

(お父様に・・・)
尊敬していたよ。いつも思い出してくれていて有難う・・・
でも、泣いている姿をそばで見ていると、辛いよ。目の前にいるのに、姿が見えていないんだなと思う。
けど、いつもそばで見ているよ、いつも、どんな時も。
それを信じてほしい。
またね、いつでも本当にそばにいるから。
 
息子は生前はバス・トロンボーンを吹いていました。向こうの世界でも吹いていて、今度は魂の浄化を担う役目をしていることに有難い想いでした。また私の母と息子は、生前からとても仲が良かったので、母が息子にいろいろと教えてくれていることにも頷けましたし、嬉しかったです。更に自分の浄化にも繋がると聞いて、有難い気持ちと共に羨ましくもありました。三人家族なので、私達夫婦の意見の食い違いなどで雰囲気が悪くなると、必ず息子が仲に入って中立の立場で仲を取り持ってくれたものでした。今も見てくれていてそんな風に思っていてくれているとわかって、本当に嬉しかったです。感謝しているとの言葉に思わず涙してしまいました。息子との思い出として、部屋に写真コーナーを作りました。それを見る度に主人は泣いています。それも目の前で見ていてくれているんだと知って、胸が熱くなりました。見えないけれど、信じるしかないのですよね。そばにいることを。。これからはそれを肝に銘じて、生きて行けるように頑張りたいと思います。 
                     
  先日、小林先生とビデオ電話をしていた時のことです。
先生が「わあ〜光がいっぱい飛び始めましたよ。息子さんですよ」と言われて、先生の携帯で動画を撮影して下さいました。
それがこの動画です。
かなり動きが速いですし、小さいので見にくいとは思いますが何回か再生して見て下さいね。(私が席を外せば良かったです)
最初の数カットは左上、そして後ろのクローゼット辺りを見て下さい。はっきりしているのは、真ん中より少し後ろの画像で左上の光です。そして最後は右から現れ、私の顔にタッチして左後方に消えて行きます。分散している光もありますが、すべて息子の魂ということです。(魂はエネルギーなので、分散することもあるそうです)また、最後の魂の光は息子の姿も見えたそうで、右から光が出て来て、私の顔で一旦止まった時に、息子の手が私の顔を触って、左上にまた光となって通り抜けて行ったそうです
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
また、翌日に先生からメールがありました。なんと、息子が夢に出てきたとのこと。一部抜粋です。
「内容は、昨日の光の魂の件でした。
息子さんが、「ちゃんと伝わるかな・・・」と心配そうに聞いてきたので、
「大丈夫、ちゃんと動画で撮れたから息子さんがそばにいるんだ!って伝わるから」
「なら良かった。いつもどうしたら「ここにいるよ!!」っていうことが伝わるんだろう?ってそばにいながら考えているんだけど、伝えられないんだ。だから昨日思いついて、今なら伝わるんじゃないかって部屋で思いを投げてみたんだ。(小林先生にです)
そしたら、自分の姿を映し出すのに成功したよ!ただ、肉体の時の姿ではないから信じてもらえるかなって心配だった」
「大丈夫。きっと伝わって信じてくれるから」
このような会話をした後、息子さんはニコっと笑って、そこで目が覚めました」とのメールの内容でした。
 これは、霊的なことを知らない人または信じない人にとって、紛れもない事実として、残るものだと信じています。
息子も魂の存在を証明するために、息子のご守護霊様のご協力のもと、小林先生や私を通じて世の中の多くの人に伝えるために、
今回半物質化して、魂の光を見せてくれたのではないかと思っています。
Please mail me
MAIL

ご感想・ご意見をお気軽にお寄せ下さい